贈与税の課税範囲 

被相続人である人物が死亡した場合、その人物が遺した財産は家族や親族が相続をして引き継いでいくことになります。相続人が被相続人の財産を相続によって引き継いだ場合、相続税の課税対象となり相続人に納税の義務が課せられることになります。通常の相続ではほとんどの場合、非課税枠に納まるためそれほど相続税を心配する必要はありません。椅子と観葉植物
財産を相続することによって相続人に多額の相続税が掛かることが予想される場合、被相続人が生前に相続人に対して財産を贈与するというかたちで節税効果を期待することができます。
ただし、生前贈与によって少しずつ家族や親族に財産を移行していった場合、実際に相続が開始される時点で相続税の課税対象となる財産がゼロにすることが可能です。しかし、そのような極端な相続税対策を行なう人が増えた場合、相続税の存在意義がなくなってしまいます。
そこで、被相続人が生前に家族や親族に贈与した財産に対しても課税できるように設けられているのが贈与税なのです。この税金の課税範囲となっているのは、被相続人が死亡する三年以内に相続人や受遺者が財産を受け取った場合です。また、被相続人が死亡した際に支給される保険金に関しても、それを受け取った人物が保険料を負担していない場合にはこの税金の課税対象となります。